スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

梅棹忠夫著『知的生産の技術』 

『知的生産の技術』が発表されたのは1969年、大学紛争の最盛期で、70年大阪万博・安保改訂の前年だ。私はこの年大学に入った。

この本は「知的生産」という言葉が新鮮だったことから、知識人や学生・研究者の間で人気を博し、長い間ベストセラーになっていた。ふとしたきっかけで再読してみたが、この間の「知的環境」の余りの違いに「三嘆久しうす」という心境になった。

この本が書かれた当時は勿論パソコンなどない。電子辞書どころか、ワープロも電卓もない。辺見の計算尺が3000円、大学卒の初任給が5万円という時代だ。

梅棹が発見したのは「情報をカードに」という情報の整理法。その後「京大式カード」として一世を風靡するが、やっていたことは、一つの「発見」について一つのカードを作り、キーワードやコメントなどをコツコツと手書きすることだ。

そういうカード(B6判)を何千枚も作り、あとでカテゴリーやキーワードなどで分類整理するという、現代のわれわれにはパソコンなしでは考えにくい作業だが、つい昨日まで多くの研究者が労を惜しまず、当たり前のようにやっていたことだ。

カードの付け方については筆者がこう書いている。

「カードはわすれるためにつけるものである。このことは、カードのかきかたに重大な関係をもっている。カードにかいてしまったら、安心してわすれていいのである。」

「カードは、他人がよんでもわかるように、しっかりと、完全な文章でかくのである。」

「かならず『みだし』をつける。カードの上欄にそれをかいておけば、検索に便利である。」

「カード操作のなかでいちばん重要なことは、くみかえ操作である。知識と知識とを、いろいろにくみかえてみる。あるいはならべかえてみる。そうするとしばしば、一見なんの関係もないようにみえるカードとカードのあいだにおもいもかけぬ関連が存在することに気がつくのである。」

これ以上の深入りはやめるが、現在の学生なら、仮にある論点に関する書籍や関連論文を探索するのにアマゾンやグーグルなどを使えば、データだけなら100や200件を作成するのに1週間もかからないだろう。

しかし、これをただプリントしてファイルしたのでは梅棹を超えることはできない。自画自賛ではあるが、Eharanoteは「現代の京大式カード」だ。上に述べたことは当然できる。それ以上のこともできる。何よりデータの全文検索は強力な機能だ。場合によっては瞬時といってもいい時間で。カードという大きさに制約されない。場所もとらない。当たり前だがすべてパソコンの中だ。プリントも必要ない。

ブラウザでみたままを、そのままデータベースとして保存できるツールでは、Evernote以外広く商品化されたものはない。Eharanoteはその後塵を拝してはいるが、思い入れもあって私はたいそう気に入っている。ただ、Win版では制約があってMac版ほどの良さ(機能)が発揮できていないのは残念だ。(最近わかった)

ともあれ、データを貯蔵するツールは作った。問題はこれを活用する方法論だ。
スポンサーサイト

[2010/05/22 22:54] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミステリー? 

「ミステリー? 備品の高級バイオリン入れ替わる 京都堀川音楽高校」

「京都市立京都堀川音楽高校(中京区)の備品のバイオリンが、購入記録と異なる別のバイオリン(時価約200万円)と入れ替わっていることが22日、わかった。」(産経ニュース 2010.5.22 http://sankei.jp.msn.com/life/trend/100522/trd1005221913006-n1.htm)

この事件は1962年に発表し、第8回江戸川乱歩賞を受賞した戸川昌子の『大いなる幻影』のプロットの一部を思い起こさせる。

小説は作者自身が住んでいた地下鉄茗荷谷駅前の同潤会大塚女子アパートが舞台。登場人物のひとり、元バイオリニストが、師と仰ぐドイツ人のリサイタル中慌ただしさに紛れて名器である師のバイオリンをすり替え、以後アパートの一室で隠匿し続けるというもので、そのバイオリンは別の入居人に盗まれ、犯人が逃げ遅れて隠れた焼却炉の中に残したまま焼けてしまう。

戸川昌子は当時シャンソン歌手として活動を続けており、その後も『猟人日記』で直木賞候補となる。映画にも出演しているし、60年代にはテレビにもよく出ていた。筆者が覚えているのは大橋巨泉や藤本義一などが司会する夜のテレビ番組に出演し、時々歌も歌っていたことだ。まだ白黒テレビがあちこちに残っていた頃だから、今思い出してもみんな白黒。

なんの脈絡もなく、不思議な事件から推理小説と当時のことをふと思い出した次第。それにしても、味わい深い建物が失われてしまったのは返す返すも口惜しい。(2003年解体)
[2010/05/22 21:30] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)

Eharanote開発者のつぶやき(2) 

ボクの場合ソフトの開発はほとんど趣味の世界である。

仕事で作るソフトは依頼者がいて、目的に向かってまっしぐら。大抵の場合は社員のパソコンをレジスター代わりに社内の「標準化」を図るのが目的だから、できあがるソフトも「非人間的」になる。

3年ほど前に、仕事の依頼で作ったソフトはプロジェクト管理(見積、実績、予算管理)に経理計算(支払、請求)、契約社員の給与、年末調整、会計元帳などを全部連動させたものだが、これにタクシー伝票の乗降場所まで簡単に作成できるようにしたものだから、請求書をごまかす「楽しみ」を奪う結果になっている。もっとも社内の効率は相当上がっていると感謝された。

名目は「情報の共有化」。言い換えれば個性をつぶすことであり、底辺を底上げする効果はあっても、革新的なアイデアを生み出すような結果が生まれているだろうか。空いた時間ができているはずだから、それには期待しているが。

一方、自分で自分のために作るソフトはいつも面白い。しかし他人には全く役に立たない。これまでに作ったソフトでいえば「魚眼レンズで見たビルの形を作るソフト」「数独のデータを登録して、一発で正解を出すソフト」「時刻表からダイヤグラムを作成するソフト」などなど。

「数独ソフト」はデータを入れてボタンを押せばあっという間に回答が出るので、数独の楽しみを奪う。「時刻表ソフト」は実世界ではダイヤグラムから時刻表を出力するところ、逆を行くものだからほとんどの人には意味がない。(鉄男、鉄子は面白いと思うかも知れない)

eharanoteはEvernoteに一層の実用性を、といっても個人的な目的(修論のデータ管理)に特化させたものだ。ブラウザとデータベースが合体するというアイデアは我ながら斬新だと思う。

ファイルメーカーのサンプルで挙げられていたのは、グーグルマップを住所録などと合体するもので、初めて見たときはさすがにびっくりしたが、それ以上の実用化はその時は考えもしなかった。

Eharanoteは他の院生にも役に立ちそうなので、MacもWindowsもとブラシュアップを始めたのが昨年の論文〆切2ヶ月前で、面白さにかまけて我を忘れてのめり込んでしまったのが運の尽きだった。
[2010/05/11 19:28] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。