FC2ブログ











スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

太平洋ひとりぼっち 

 堀江謙一さんがマーメイド号という6メートルに足りない小さなヨットで太平洋を単独横断してサンフランシスコに着いたのは1962年のことで、その時堀江さんは26歳だった。当時僕は12歳、中学1年の年だが、何月のことだか調べ足りないのであるいは小学校6年生だったかも知れない。

 その時の新聞の記事はおぼろげながら覚えている。

 Wikipediaによると、「1962年、マーメイド号による西宮-サンフランシスコ間の太平洋単独航海に成功。当時はヨットによる出国が認められなかったため、密出国であった。日本では当初この点について非難が殺到し、犯罪者扱いすらされたが、堀江の偉業が認知されるにつれてその声は小さくなった。なお当時のサンフランシスコ市長には「コロンブスもパスポートは省略した」と、名誉市民として受け入れられている。」

 実際新聞の第1報は英雄ではなく密出国者、すなわち犯罪人扱い。この2年後は東京オリンピックの年であるが、当時海外に旅行することは限られた職業の人間に与えられた特権であり、庶民の海外旅行など夢のまた夢という時代。それにドルは360円もしていた。このレートでは現代でも海外に行く人間は1割以下に落ちるだろう。余談はともかく、このころは敗戦以来日本人が小さな島に押し込められていた状況で、新聞社にも海外雄飛の業績を讃えるよりは、「No passport, No English, No money」の堀江さんを、アメリカ人に嗤われる日本人が出てきたという内向きな見方しかできない人間が多かったのだろう。

 数年前にラジオの講演会で堀江さんの話を聞いたが、サンフランシスコ湾に入って、目印か挨拶の旗(海の規則らしい、あるいは日章旗かも知れない)を立てて湾奥部に進んでいたら、大きなクルーザーから「おまえは日本から来たのか」と聞かれ、そうだと答えると、次々とたくさんのヨットが集まって港までパレードの如く歓迎してくれたということだ。すぐさま新聞社が駆けつけ、市長の歓迎会もあってその日の内に英雄になっていたらしい。さながらリンドバークだ。

 日本では3日目あたりから新聞の論調が変わってきたが、犯罪者扱いをした手前歯切れが悪かったように思う。日本では自由に行動する人間を、世間や新聞社は白い目で見るものだという実例を僕はこの時に知った。はは~ん、新聞も世間もアメリカの言論で動かされるのだな。

 もしも、日本が自由に寛大であったり、冒険心を慫慂するような社会だったら、面白い人間がたくさん生まれていたのではないだろうか。学校での成績がいい人間ほど冒険心(自由への希求)が少ないように思われる。
スポンサーサイト

[2008/10/23 01:03] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cometworm.blog60.fc2.com/tb.php/35-3b97db32


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。